スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪に住んでいた頃

大学時代の友達に会いたいと、最近思う。


と言っても、大学時代の僕はナイフのように心が尖っており、とっつきにくく、すぐに人に対して批判的になり、口にはあまり出さないが腹の中で一人憤慨しているような男だった。

そんな風だったので、大学に入学してすぐサークルに入ってみたものの、みんなとなかなか馴染めずにいた。
でも、「馴染めないのはまだ出会ったばかりで、付き合いが短いからだろう」と自分に言い聞かせ、10ヶ月くらいはそのサークルに籍を置き、いい友が一人でもできればと思っていた。

だが、果たしてそれも叶わず、「ここにいる人たちは、本当の僕を全然わかってくれない」と勝手にまた憤慨しながら、そのサークルを去った。しかも徐々に消えるように。
はっきりと「辞めます!」と言えないこの不甲斐なさ。


思うに、その頃は自分のやりたいことや目標がまだはっきりとせず、自分に確固たる『自信』を持ちきれなかったのであろう。

だから、人から評価されない。「自分をわかってくれない」と、人にせいにしてしまう。



その一方で、わかり合える素晴らしい友もできた。
それはアルバイト先の仲間だった。

そこで僕は思った。

なぜ?

なぜ、アルバイトの仲間とはこんなに楽しいのか?わかり合えるのか?


結論が出た。

アルバイトは、仕事である。
人によって少し違いはあるものの、懸命に働いてる。
懸命に。

良い部分も悪い部分もさらけ出してしまう。

そんな時、人は輝いている。

だから、お互いを好きになる。

大学のサークルの仲間とは、話をしたり、お互いの家に遊びにいったりはしたものの、何かに打ち込む「懸命」な姿を見せ合うことがなかった。


だから、僕は本当の自分が出せずにいたのかも知れない。
でもそれは僕だけでなく、そのサークルの人たち似たような気持ちだったと思う。


でもそれをあまり深刻にならずに受け入れていたのが周りのみんなで、僕はどうしてもその関係を受け入れられなかっただけだ。


その違いである。大きな違いだと思う。

そんなほんの10ヶ月程の付き合いで、友達とも呼んではいけない関係かも知れないが、今は、そのサークルのみんなと会いたいなと思う。

どんな人生を歩んでいるのか、とても興味深いのである。







以上、今日は深刻な内容になりましたが、僕に何かあったわけではないので、どうぞご心配なさいませんよう。

長文を読んで頂いてありがとうございました。










スポンサーサイト

comments

とっても

分かりやすい文面でした。『一生懸命』…大切です。そこから確かに輝きや本当の自分が見えてきたり、気付かされたり…。私は、今、鬱蒼と茂った森の木の下で、必ずどこかに、真っすぐに眩しく光、木の枝や葉っぱの隙間からスポットライトのように差し込む、木漏れ日がある事を信じて、その場所を探しています。懸命に…懸命に…。
幸い私の周りには『神様のような人』がたくさん居ます。だから、なんとしても、必ず差し込んでくる木漏れ日を森の中で探しています。どんな光かたで、どんな所にあるか分からないけど…必ず、鬱蒼てした森の上にも、雲の上にも、太陽は照らしているはずだから。その懸命に見つけた光がどんな道につながって行くのかも分からないけど、その光をたどって、昇っていくのは自分だから…。
今、本当にまばゆい光る木漏れ日を、焦らず、ゆっくりと、日々の出来事に逆らわず、懸命に探しています。その光の道が…音楽や歌だったら、どんなに幸せでしょうね! けど、これも私次第なのです。
今日は、じいちゃんの二・七日で、お尚さんからも、とても良い説法が聞けたし、先生のブログからも、とても良い話しが読めました。ありがとうございました。m(__)m

僕もかつて仲良くなかった同級生と会ってみたいです

知展さんが、ナニワのジャックナイフと恐れられていた時代の話ですね(笑)

僕は高校時代が一番自分探しの時期で、思春期と反抗期で好奇心旺盛ゆえ、色々手を出してはあっさり挫折し、変わりたいと変われないがワンセットで自暴自棄になりました。
ヘヴィメタルこそが、僕の人生羅針盤で、バイブルです。僕にとってヘヴィメタルとはイチ音楽ジャンルとしての趣味や娯楽では無く、生き甲斐です。
人生はロックであるかロックで無いかの選択で、常にロックな方を選択したら間違いありません。損得感情や自分に嘘をつく選択をするから悩みや後悔をします。
ジャックナイフ☆知展さんの、ハングリーさや反逆スピリッツこもったアグレッシブな歌を今後期待したいです。

いい話ですね☆

いろんな人とかかわることで
人生で学ばなければいけないのは「思いやりの心を持つこと」だと…
今 私の周りではそれが欠けてるので
「自分の事しか頭になく、人の優しさを知らない人は思いやる言葉かけをせず
                              相手の陰口をたたく、攻め合う、噂を立てる」     


そういう人 沢山増えているのが悲しいなぁ。。。 

芳美さんへ

長文を読んでいただいてありがとうございました。

わかりやすかったですか!それは嬉しいです。わかりやすく、が僕のモットーでございます。

身の回りに神様のような人がたくさんいらっしゃるのは、本当にありがたいことですね。
それは芳美さんが、いつも感謝の気持ちを持って人に接してらっしゃるからではないでしょうか。

またこれからは歌を歌う機会が増えていかれると思うので、楽しみですね。

memeronpa2000さんへ

いつもありがとうございます。

人に対する思いやりの気持ち、本当に大切ですね。
全ての人にそれがあれば、みんなが楽しく快適に過ごせると思います。

僕の周りは幸いにも優しくて思いやりのある方ばかりで、困った人にはなかなか出会わなくなりました。
もはや、そんな人の存在を想像もしてないからかも知れません。

れいんぼ~さんへ

いつも力のあるコメントありがとうございます。

僕の場合、ジャックナイフと言うより、果物ナイフぐらいでしたが、キリキリしていた時期が確かにありました。

れいんぼ~さんは高校時代がそうだったんですね。
ロックであるか否かで選択してきて、今の『様式美麺れいんぼ~』があるわけですね。
天晴れでございます。

スカッとしてますね。
素晴らしいです。

れいんぼ~さんの思い描く『反逆スピリッツのある歌』ができるかどうかはわかりませんが、実は、いつも僕が曲を作る源はその『反逆スピリッツ』だと自分では思ってます。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はちみつボイス☆知展

Author:はちみつボイス☆知展
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。